◆ プレゼント配布中 ◆

 

 

ようこそ、このページを開いていただきました。

Twitterアカウント:「いなか隊長」と申します。

 

簡単に自己紹介させていただきます。

 


  • ネットビジネス歴10年。

 

  • せどり・輸入転売・Youtube・PPCアフィリエイト・メルマガなどの
    あらゆるビジネスモデルを実践し、全て挫折。

 

  • 最後に取り組んだ『情報コンテンツ販売』が、ビジネス界において最もローリスク、
    ハイリターンであることを確信。

 

  • 情報コンテンツ販売初心者でありながらゼロイチ突破し1年で400販売を達成。

 

  • この1年間で蓄積した極意は文章術のみならず、リアルビジネスのセールストーク、
    プレゼンテーション訴求術にもおよぶ。

 

 

 

本質は変わらない

 

人は、少なからず課題や悩みを抱えています。

また、今よりも進歩したいと考え人生を送っているものです。

 

それらを解決するための情報を提供しようにも、受け取るかどうかは本人次第です。

人が行動するかどうかは『伝え方』次第です。

 

2010年頃からネットビジネス業界が急成長し、多くのビジネスモデルが生まれました。

そして令和になった現在、その多くは消滅しています。

 

しかし、情報コンテンツ販売そのものは、提供方法の変化こそあれ

存在しています。今後も存続するはずです。

 

現代人が1日に触れる情報量は
江戸時代の一生分に値すると言われる世の中であり、
デマ・フェイクニュースなどを含めると、
あまりにも多過ぎる情報量に飽き飽きし、正しく判断すべき思考が疲労しています。

 

しかし、

人の心の本質は、昔も今も、そして未来も変わりません。

 

 

手段は時代が決める

 

メルマガ最強説、YouTube最強説、Twitter最強説、LINE最強説、・・・

こんなものに振り回されてはいけません。

 

これらは情報伝達の手段に過ぎないからです。

 

別の言い方をすると、今の時代だからこそ、利用者が増え続けているLINEを使った方が

集客パフォーマンスが高いのでビジネスツールとしては有効的な手段であると言えるだけです。

 

TwitterやYouTubeも、各々の特性にそった使い方をすれば、有効的な手段になります。

 

しかし、5年後・10年後にはどうなるかは分かりません。

 

再度言いますが、人の心の本質は変わることはありませんので、

情報伝達手段は、時代と共に変えればいいだけのことです。

 

その考え方は絶対にブレずに、今後も取り組んでゆきます。

 

 

購買心理

 

私が情報コンテンツ販売に取り組み、俯瞰的な視点で人間の購買心理について学びを深めました。

 

購買欲求にスイッチが入るのは、

実に64通りのフックがあることを学びました。

 

 

 

これを深堀りすると、

リアルビジネスもネットビジネスも通用します。

 

リアルビジネスで言えば、、、

セールストーク、商談力を強化する要素があります。

プレゼン資料作成、プレゼン力アップに高いパフォーマンスを発揮します。

 

ネットビジネスで言えば、、、

コピーライティングのスキルとして使い倒すことができます。

但し、世にある「●●の法則」なるものとは完全差別化したものになります。

 

これは、悪用することも簡単にできてしまうほど強力です。

悪用厳禁をお約束できる方だけに、次回のご縁がありましたら・・・・・。

 

 

最後に・・・・・

「伝え方」の一例として作成したコンテンツをプレゼントいたします。

 

 

 

3大プレゼント

 

「文字」も「言葉」も「デザイン」も、全て相手の視角に聴覚に訴えかけます。

「伝え方」で価値が決まるノウハウをお渡しします。

 

 

●小学5年生の作文レベルのバカ売れ文章術

売れる文章は、正しい文法なのか?
売れる文章を書く人は、知的なのか?才能があるのか?

・・・全て”NO”です。

「上手い文章」と「売れる文章」は全く異なります。

説得せずとも、勝手に売れてゆきます。

 

●バカ売れデザイン術

商品が売れる要素は、文章術だけではありません。

販売ページで目に飛び込んでくるのは、文字の他にデザインの影響も大きいです。

「キャッチ画像」「サムネイル」「ヘッダー画像」など、販売プラットフォームによって

様々ですが、売れやすい色・購買意欲をかきたてる色があります。

 

●3時間10万円ノウハウ

「伝え方」次第で全く反応が変わる訴求術です。

インターネットビジネス業界の裏側に潜入します。

実は、こんなカラクリだったのです。

 

 

 

 

=====▼ 受取りはコチラから ▼=====

 

小学5年生の作文レベルのバカ売れ文章術

 

バカ売れデザイン術

 

3時間10万円ノウハウ